葬儀屋さんを選ぶポイント

初めてのお葬式。どこの葬儀屋さんに頼むのが良いでしょうか?良い葬儀屋さんに頼んで故人を安らかに見送りましょう。 - 墓地・霊園の選び方

お墓参り代行サービスのやさしいお墓参りサービス
お墓参り代行サービスのやさしいお墓参りサービス

アーカイブ

墓地・霊園の選び方

家族が死んだとき、多くの人は先祖代々からのお墓に入るでしょう。しかし、今日では核家族化が進み、先祖のお墓や土地に縁が無い世代も少なく無いでしょう。今後、新しくお墓を建てる世代が増えてくると思いますが、どのポイントを考えれば良いのでしょうか?

墓地・霊園

お墓を建てるときに、墓地や霊園にお墓を建てます。墓地は寺院団体が、霊園は地方公共団体や民間会社が管理運営をしています。霊園は、明るく宗教観にとらわれない人に向いています。しかし、定期的な法要は、自ら手配をしなければなりません。墓地は、法要や供養に関しても一貫的に取り仕切っているため比較的多くを気にする必要がないため、手を付けやすいと考えられます。

宗教観

墓地は前述したように、寺院団体が運営しています。自宅や実家の近くに寺院があったとしても、宗派が合わなければ気が進みません。一方霊園は、宗教観やお墓の概念が比較的ライトなため、より自由にお墓を建てることが出来ます。また、霊園では樹木葬や自然葬といった個性的な埋葬サービスを行っているものもあります。
立地
お墓の立地は、定期的に親族が通える距離にあるかが重要です。しかし、駅の近くや都内に固執しろと言っているわけではありません。バス停の近くや車での来園が可能といった霊園もあります。自分だけではなく、親族みなが先祖に挨拶出来るようにすることが大切です。

居住区

主に公共の霊園や墓地が対象となる項目ですが、指定の居住区で無ければならない、などの制限がある場合があります。霊園や墓地の敷地は限られ、入ることが出来る個人も限られるため、公共管理の場合は注意が必要になります。
様々な事項を羅列してきましたが、もっとも良いやり方は、マンションやアパートを借りるときと同様に行うと、考えやすいのではないでしょうか。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)2015葬儀屋さんを選ぶポイントAll Rights Reserved.