葬儀屋さんを選ぶポイント

初めてのお葬式。どこの葬儀屋さんに頼むのが良いでしょうか?良い葬儀屋さんに頼んで故人を安らかに見送りましょう。 - 霊園を選ぶ際の宗教との関連

お墓参り代行サービスのやさしいお墓参りサービス
お墓参り代行サービスのやさしいお墓参りサービス

アーカイブ

霊園を選ぶ際の宗教との関連

お墓を建立する場合には宗教との関連があり、購入条件で「宗旨・宗派一切不問」という文言があったりします。
ここでは【霊園を選ぶ際の宗教との関連】について整理しておきましょう。

霊園選びと宗教

「宗旨・宗派」という言葉がでてきますが、これは日本の仏教の信仰対象や教義の違いによってできた分派のことです。
一般的に定義されているもので「十三宗五十六派」あるとされています。
宗派としては「真言宗」「日蓮宗」「浄土真宗」……と呼ばれるものです。
あなたがお寺の檀家ならば菩提寺の宗旨・宗派はご存知でしょう。
同じ仏教でも、開祖された高僧が違う場合は仏事やお経も違います。
宗旨・宗派が違うと同じ仏教であってもお墓が建立できないとかお経を上げることができないのです。
結婚して嫁入りした家が別の宗旨のケースがあったりすると揉めたりします。
お墓に入る場合には宗旨宗派を合わせなければなりません。
「宗旨替え」という手続きが必要になります。
キリスト教でもプロテスタントとカトリックがあります。
イスラム教でもシーア派とスンニ派があります。

お墓の購入条件「宗旨・宗派一切不問とは」どういう意味?

民間霊園の場合は、<墓所の購入前も購入後もどういった宗教でもOK!>という意味です。
宗教・宗旨・宗派は不問の霊園です。
自分の信仰を変える必要がないので人気ですね。
無宗教でも問題ないですし、自由な祭祀を執り行えます。
寺院霊園の場合は、少し違うので注意が必要です。
<在来仏教であれば宗旨や宗派は問いません>という意味に解釈されます。
その寺院の宗旨に沿った祭祀をご住職にお願いすることになるのです。

関連する記事

Copyright(C)2015葬儀屋さんを選ぶポイントAll Rights Reserved.