葬儀屋さんを選ぶポイント

初めてのお葬式。どこの葬儀屋さんに頼むのが良いでしょうか?良い葬儀屋さんに頼んで故人を安らかに見送りましょう。 - 霊園選びで理解しておきたい言葉や知識

お墓参り代行サービスのやさしいお墓参りサービス
お墓参り代行サービスのやさしいお墓参りサービス

アーカイブ

霊園選びで理解しておきたい言葉や知識

霊園を選ぶ場合に資料を取り寄せたり、見学会に行ったりします。
そんなときに専門用語がでてきたりして困る場合もあります。
ここでは【霊園選びで理解しておきたい言葉や知識】を簡単に説明しておきましょう。

霊園使用料

お墓を建立するための土地の使用料のことです。
一般的には「永代使用料」と呼ばれます。
永代(えいたい)とは<無制限>という意味ですね。
一度、使用料支払えば、お墓を継承し続けて管理費の支払いをする限りはお墓を使用できます。
使用に制限があれば継承したお子さまが困ります。
遺骨の埋葬地になるので、後の時代になって開発されると大変です。
尊厳を守っていかなければならないのです。
だから永代使用料という考え方になっているのでしょう。

お墓と不動産の関係

不動産のように考えがちなのは<土地に建てる>という視点から見るからです。
けれども一般的な不動産と違って転売などはできません。
現在のお墓を別の霊園に移す場合、使わなくなってお墓の区画は霊園やご住職に返却しなければなりません。
返金なども一切ありません。
お墓の区分の貸し借りも当然できません。
用途も「お墓としての利用」に限定されます。
それは「墓地、埋葬等に関する法律」によって定められています。
都道府県知事から許可を受けて墓地のためのエリアとして指定されているからです。
お墓を購入することは土地をそのまま所有することではないです。
その土地を墓地として使ってもいいですよ……そんな権利を購入するという考え方であります。

「永代使用」と「永代供養」の違いは何?

永遠にお墓を使い続ける権利が「永代使用」です。
未来に渡って永遠に冥福を祈ることが「永代供養」です。
日本は少子化問題が勃発しておりお墓の継承者がいないトラブルが絶えません。
「永代供養」は永代供養墓と言われる合祀墓に遺骨を埋葬します。
そしてお寺さんなどの宗教者によって供養をお願いするのです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2015葬儀屋さんを選ぶポイントAll Rights Reserved.