葬儀屋さんを選ぶポイント

初めてのお葬式。どこの葬儀屋さんに頼むのが良いでしょうか?良い葬儀屋さんに頼んで故人を安らかに見送りましょう。 - 葬儀屋さんを選ぶポイント

お墓参り代行サービスのやさしいお墓参りサービス
お墓参り代行サービスのやさしいお墓参りサービス

アーカイブ

更新情報

葬儀屋さんを選ぶポイント

現在日本には沢山の葬儀会社があります。良い葬儀をしたのならその中から良い葬儀屋さんを探さないければいけません。
しかし亡くなってから葬儀の準備をする時間は限られています。

事前に葬儀屋さんを調べておくことが重要です。時間がある場合は探した葬儀屋さんと相談しておくのも良いでしょう。

亡くなった病院から葬儀屋さんを紹介してもらえます。
しかし病院から紹介された葬儀屋さんがすべて良い葬儀屋さんをは限らないのです。

知人に葬儀屋さんの知り合いが居ない場合は電話帳やインターネットで調べましょう。

良い葬儀屋さんの特徴

・料金
お葬式はとてもお金のかかります。料金携帯がはっきりしている葬儀屋さんを選びましょう。悪い葬儀屋さんの場合は追加オプションをどんどん追加していき高額な料金をふんだくっていきます。

・進行
大抵の場合は「お葬式」の場数をこなしている方はいないでしょう。葬儀屋さんにお願いすると担当者がつきます。お葬式素人の遺族の為にどれだけスムーズに進行できるかも葬儀屋さんの良し悪しに繋がります。

◆コンパクトな葬儀をお望みなら家族葬「http://www.hana-sougi.com/plan/kazokuso/」

霊園を選ぶ場合に確認しておきたいポイント

霊園の購入を考える場合は、一生にそんなにあることではないので慎重なスタンスが大切です。ここでは【霊園を選ぶ場合に確認しておきたいポイント】を整理しておきたいと思います。資料請求をして書面だけで比較するのではなくて実際に足を運んで自分の目で見ておきたいです。

そして一箇所だけでなくて、できるだけたくさん見学すると見る目も肥えてきます。お墓選びの際首都圏最大級の霊園・墓地情報サイト[はじめてのお墓選び.com]をご参考にお選びすると、きっとあなたの理想のお墓に出会えるでしょう。

交通の便の確認

霊園は自分たちだけが行くのではなく親類縁者も訪問してくれます。郊外の霊園ならば高速道路のインターチェンジからのアクセスも気になることです。マイカーでなければ電車やバスなど公共交通機関の利便性も確認ポイントです。最寄り駅やバス停からの距離も注意してください。

送迎バスなどがあればベターです。車の運転ができなくなったときのこともシミュレーションしてください。

霊園を選ぶ場合に確認しておきたいポイント

立地環境の確認

静かでおだやかな霊園がいいですが、特に湿気は墓所にとって大敵になります。風通しの良さや水はけの良さや日当たりは確認しておきたいポイントです。敢えて雨の日に見学して水はけの良さをチェックしましょう。区画の中や通路にどのような水たまりができるかを見ておきたいです。

長い階段や通路の坂道など地形による特徴も大切です。年輩になってもお墓参りが楽にできる霊園がいいでしょう。周辺の飲食店やレストランや気に入った喫茶店があればうれしいですね。毎回のお墓参りも楽しみになります。

管理体制の確認

管理事務所・お手洗い・水汲み場・駐車場・法要施設・休憩所は必ず確認しましょう。お墓参りに便利なのがお線香や生花の売店サービスです。常駐する係員の有無も確認ポイントです。植え込みのお手入れ・芝生のお手入れなど清掃が行き届いているかで管理の良し悪しが分かります。

霊園の種類には大きく「寺院霊園」「公営霊園」「民間霊園」と区分されます。それぞれの霊園の特徴を理解してご自身やご家族の条件とすりあわせることが重要です。今回は【霊園を選ぶ場合には将来を見据えましょう!】というアドバイスをしたいと思います。

管理体制の確認

宗教的な問題

とりわけ寺院霊園の場合は仏教系寺院がほとんどです。キリスト教専用や神道専用の霊園は極めて少数になっています。また、ご夫婦で信仰している宗派・宗旨が異なるケースも見受けられます。ご子息のお嫁様が別の宗教である場合は、改宗や宗旨替えが必要なので、これが大きなトラブルになります。

近頃ではお寺さんが運営している寺院霊園でも、宗派・宗旨不問の場合が多くなってきています。ですが異なる宗教になると簡単には解決できないでしょう。

宗教の制約がない「公営霊園」や「民間霊園」

「寺院霊園」と違って「公営霊園」や「民間霊園」は大部分が宗教の制約はありません。後の世代で改宗した場合でも問題はないというメリットがあります。

注目したいバリアフリー化

高齢化社会の日本ではバリアフリーの問題は霊園を選ぶ際の最重要課題でもあります。昔からある古い霊園の大部分は、寺院の裏山などの傾斜地や日当たりの良い小高い丘にあります。地形を活かした場所に造営されていることが多いです。自宅の近くにそういった霊園があれば購入の候補になると思います。

若い頃は、足腰も丈夫ですし、多少の階段でも問題なくお墓参りができるでしょう。ですがずっと将来に渡って健康であるという保証などありません。車椅子をつかったり、杖を使わないと歩けない場合も想定しておきましょう。身体が思うように動かなければお墓参りもままなりません。

お墓参りが億劫になると精神的にも良くないでしょう。

お墓を建てようかなと思ったら、まずは霊園の費用がいくらなのかをきちんと把握しておいた方が良いと思います。

Copyright(C)2015葬儀屋さんを選ぶポイントAll Rights Reserved.